顧問弁護士はかかりつけ医

相談を継続的にする顧問弁護士は、企業にとってはかかりつけ医の様なものでしょう。
ここでは、顧問弁護士のメリットについて見ていきましょう。
法的な問題が実際に起きた場合、適切かつ迅速に対応する必要があります。
対応が遅れると、致命的なダメージに企業にとってはなりかねません。
しかしながら、弁護士に企業が相談したい場合、知り合いの弁護士がいないと、まず知人で弁護士を知っている人等を通して面談のスケジュールを弁護士と調整し、費用の見積等を行って、法律相談をその後にする、というような流れに一般的にはなります。

そのため、時間が相談までにかかり過ぎて、法的に有効な対策や手段を講じることが不可能になってしまう恐れがあります。
しかしながら、顧問弁護士の場合には、対応を迅速に行うことができます。
症状を診察を初めて受ける医師に説明する際、上手く過去の症状とどのように違うのかについて説明できなかったというような経験もあるでしょう。
しかしながら、かかりつけ医であれば、過去の健康状態等を把握しているため心配ありません。

弁護士の場合も同様で、いざ問題が生じて相談する場合、業務内容などを企業が初めから説明すると、手間がかかり過ぎることがあります。
しかしながら、普段から顧問弁護士として業務内容や企業の内情に通じていると、問題の内容や背景についての事情を理解するのが早い、というメリットがあります。
本サイトでは、会社の内情が分かる、企業が持つメリット、相談が気軽にできる、についてご紹介します。



≪特集≫
低下価格で弁護士と顧問契約が出来るサービスを提供している法律事務所です ⇒⇒⇒ 弁護士 顧問契約